耕作放棄地の再生ヒストリー

これまで耕作放棄地(遊休農地)を再生してきた総面積:13,288㎡


2021年 再生面積:1,063㎡

BEFORE
BEFORE

【中川区水里:畑】

【再生面積:1,063㎡】


所有様が相続されてから、知り合いに耕作してもらっていたが、その方もご高齢になったため、そのままの状態になってしまったとのこと。縁あって、お借りすることになった。

AFTER
AFTER


2020年 再生面積:7,903㎡

BEFORE
BEFORE

【中川区供米田3丁目:田んぼ】

【再生面積:235㎡】


「人・農地プラン」策定の関係で関わった所有者様よりご相談があり、除草を行う。今後の活用についても相談があり、ぽかぽかワークスとして、田んぼで利用させて頂くことになった。

AFTER
AFTER

BEFORE
BEFORE

【中川区富田町大字供米田:田んぼ】

【再生面積:7,668㎡】


供米田地域の「人・農地プラン」策定の関係で23人の所有者様よりご相談があり、1ヶ月半かけて除草を行った。

AFTER
AFTER


2019年 再生面積:477㎡

BEFORE
BEFORE

【中川区富永4丁目:田んぼ】

【再生面積:477㎡】


農地中間管理機構経由で紹介を受け、借りることに。雑草自体は大したことはなかったが、入口側(手前)が予想以上に柔らかい状態で今後は対策が必要な場所。

AFTER
AFTER


2018年 再生面積:1,087㎡

BEFORE
BEFORE

【中川区水里:果樹園】

【再生面積:422㎡】

農地中間管理機構より紹介を受ける。所有者は相続されたが、遠方に住んでいるため、管理ができないとのこと。柿の樹があるが、状態がいいか悪いのか、判断できない。

AFTER
AFTER

BEFORE
BEFORE

【中川区江松西町:畑】

【再生面積:400㎡】


所有者様ご高齢であり、家族が管理できないとのことで、お話を頂く。すぐ近くに圃場がある事もあり、お借りした。除草時、ハチとアブに刺され、大変な思いをした場所。命名も「アブ畑」となった。

AFTER
AFTER

BEFORE
BEFORE

【港区西蟹田:畑】

【再生面積:265㎡】


相続された所有者様が遠方のため、管理ができていない状態で、たまたま近隣の方とお話をしている時に話が進んでいき、お借りすることに。

AFTER
AFTER


2017年 再生面積:1,833㎡

BEFORE
BEFORE

【中川区富永2丁目:畑】

【再生面積:664㎡】


ぽかぽかファーム初めての畑。除草のやり方にも慣れてきたたため、スムーズに行く。ここでいろいろな野菜を自然栽培で育てるんだと思うとワクワクする。

AFTER
AFTER

BEFORE
BEFORE

【中川区富永2丁目:田んぼ】

【再生面積:1,169㎡】


上記の畑の道を挟んだ場所。5年以上放置状態だったため、雑木が何本もある。ハチと格闘する。当初、田んぼから畑への転用を考えたが、水はけが非常に悪い。

AFTER
AFTER


2016年 再生面積:925㎡

BEFORE
BEFORE

【中川区江松西町:田んぼ】

【再生面積:430㎡】


2016年11月、初めて田んぼを借りられる。所有者様はご高齢でほとんど委託業者さんに頼んでいらっしゃるが、ここは100坪ちょっとで誰もやらないとのこと。冬という事もあり、トンネル栽培を行なった。

AFTER
AFTER

BEFORE
BEFORE

【港区東蟹田:田んぼ】

【再生面積:495㎡】


2016年11月、中川区江松西町と同じ田んぼの所有者様。ここも100坪ちょっと。夏に現地確認に行くとひどい状態。ぽかぽかメンバーで草刈をしました。

AFTER
AFTER